かかってこい!英会話 英会話に真剣に取り組んでいる人のためのHPです。10年以上英会話に取り組んでいる私自身の経験をもとに、効率的な英会話学習方法や基本的な考え方を紹介したコラムとスピードラーニング、イングリッシュアドベンチャー等の英会話学習教材の活用法&体験談をまとめたページが中心となっています。

かかってこい!英会話[Home] > オススメ英会話勉強法 > 短文でやさしい文章を書こう
英語を話せるようになりたいと思っていても、具体的にどのように学習すればよいか悩んでいる方も多いと思います。
このページでは、効率的な学習をするためのポイントや自分に合った勉強法の見つけ方を紹介します。また、私自身が実行して、
成果が出た勉強法もお伝えします。私自身の経験がベースなので、全ての人に合うとは限りませんが、何かの参考になればと思います。

        
短文でやさしい文章を書こう

英語を書くときのコツですが、最初は難しい言い回しや複雑な構文を用いることは避けましょう。
そして長い文章ではなく、短い文章をつなげることを意識しましょう。これだけでも、かなり違います。

文法でいえば、関係代名詞や仮定法、受動態や倒置といった、ややこしいものは使いません。
『I am ○○』、『This is〜』といった基本型の文を活用するようにします。

そのほうが結果的に書き続けることが出来るはずです。

あとは、このサイトでは繰り返しお伝えしていることですが、ライティングはアウトプット作業です。
アウトプットというのは、自分のなかにあるものを形にすることなので、中身がなければ何も出てきません。

要は英語の知識が無かったら、書こうと思っても書けないということです。ライティングスキルは
語彙力を中心とした知識量に比例します。

書くトレーニングをしながら、同時進行で知識をインプットすることもしていきましょう。

学習時間の配分をインプット7、アウトプット3ぐらいにすると、ちょうどいいかなと思います。






学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

英語を話せるようになるための学習法というのは確立されています。でも、なぜか日本の英語教育では、わざとそのポイントを外したようなやりかたが主流となっています。わざと英語が出来ないようにしているかのようです。

 

語学というのはポイントを押さえれば、短期間でも劇的な効果をあげることが出来ます。英語をマスターした人にとっては常識の学習法をお伝えします。

 

決して『英語を聞き流しておけばいい』といったような楽なやりかたではありません。真剣に集中して取り組まなければいけませんが、本気で取り組めば1ヶ月以内に『私でも英語が話せるようになる』と実感して頂けるはずです。

詳細はこちら

 

 

レポートのご請求は、こちらから

学校で英語が一番苦手な教科だった人でも、
30日で驚くほど話せるようになる最も効率の良い英語学習法

お名前
メールアドレス



▲ページのトップに戻る


かかってこい!英会話[Home] > オススメ英会話勉強法 > 短文でやさしい文章を書こう


Copyright All Reserved by かかってこい!英会話〜英語が話せるっていってやる〜 since 2003/01/05 会社概要

スポンサーサイト
英会話スクール/英会話学校/英語学校/東京新宿
自動車保険選び / 無料ETCガイド / TOEIC